ご挨拶

人財

ceo

 私達を取り巻く近年の社会情勢はかつて無いほど大きく変化しています。
高齢化が進む一方で国の政策も虚しく少子化に歯止めがかからない。
建設業界にとりましては、労働力の不足は大きな問題であり近年、鉄骨造PC造が増え、型枠工事が減少している事態は元を正せばその労働力不足が建築構造においても少なからず影響を及ぼしているのではないかと考えられます。

 私達、高崎組は逸早く時代の流れを読み、常に積極的な求人を行って、若い社員の確保、育成に取り組んできた結果、他社よりも平均年齢が若く優秀な人材を擁するに至りました。
 これからも、この取組は続けなければならないし、一方避けられない高齢化の波を逆に利用して技術力の優れたベテラン社員より若年者への技術供与や教育等に生かして行けるよう努力し、これからの若い社員達が定年をむかえる迄、安全に雇用し続けられる環境の整備にもより一層力を注いでいく所存です。

 変化をし続ける社会の動きに対し、常にベストな対応ができる柔軟且つ強固な会社を目指します。
 これから10年後20年後の先を見据え、エリアの拡大を図ることは云うまでもないことですが、本業の型枠大工という技術を生かして、もうすでに着手してる内装仕上げ工事等、他の職種にも対応できるその時代のニーズにあった多能工を育成し、安定した受注確保に努力して参ります。

 「 人財 」を理念とし、人を大切に、幅広く、永く活かす事を考えながら、常に戦略的に挑戦する気持ちを持って、日々邁進して行きたいと思っています。

代表取締役 高崎 正大