軽天ボード工事業

多能工育成を図るべく弊社では、型枠大工として活躍している社員数名を軽天ボード工事業にシフトチェンジ

型枠に共通する所が多数有り
墨出し、電動工具類、重量物を取り扱う所
そして繊細な仕上がりを要求される面が共通しており早々と頭と体に軽天ボード工事のノウハウを吸収し日々奮闘しています。

bord_1

bord_2

bord_3

作業工程

(1)図面で施工範囲、施行寸法を確認
bord_4

(2)図面から算出された寸法を床面に墨出し
bord_5

(3)ランナー・スタッドと呼ばれる部材を切断機を使用し切断
bord_6

(4)ランナーを墨出しを行った所に建設用工具を使い固定する
bord_7

(5)上下に固定したランナーにスタッドを建込んでいく
bord_8

(6)石膏ボードを壁の寸法に合わせカッター等でカットする
bord_9

(7)カットした部分はヤスリをかけ切断面をなめらかにしていく
bord_12

(8)カット+ヤスリをかけたボードをビスを使い等間隔に打っていく
bord_10

(9)石膏ボード部分 施工完了

 

bord_11